馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

メジロのダービー、名門の残照。 ※追記した。


db.sp.netkeiba.com

 メジロの馬は、タイヨウやムサシほど昔になると、名前しか知らない。

 80年代以降は一通り知っているけど、その中ではメジロアルダンが、もっともダービー優勝に近かった。


www.youtube.com

 ウィキペディアによると、他にメジロオーメジロモンスニーメジロライアンが2着になっている。2着までは4回あったらしい。

ja.wikipedia.org


www.youtube.com

 2着がメジロモンスニー


www.youtube.com

 2着がメジロライアン

 

 「ダービーより天皇賞」という生産方針で有名なメジロ牧場は、結局ダービーを取ることなく解散した。
 ただし、オルフェーヴルなどダービー優勝馬の血統に、「メジロ」の名が刻まれている。

db.sp.netkeiba.com

追記

 メジロアルダンのような馬によく送られる言葉が、「生まれた時代が悪かった…」。
 名馬が多数現れて切磋琢磨することは、レースを面白くさせる。けれど、「強豪ひしめく無理ゲーをやらされた」と馬に同情するファンは多い。
 特に今から昔の競馬界をながめた場合、G1の数が少ないので、つまりチャンスが少ない。アルダンの適性から言うと、勝てそうな新G1は大阪杯ぐらいになってしまうけど、牝馬、短距離馬、ダート馬は80年代に比べてグッとチャンスが増えた。

 

メジロアルダン|名馬メモリアル|競馬情報ならJRA-VAN

 "脇役と呼ぶには惜しい最強世代の一頭

 (…)綺羅星のごとく駆けたこれら強豪と肩を並べて活躍したものの、遂にGIタイトルとは縁のないまま競走馬生活を終えたのが、メジロアルダンだ。"

関連記事

inunohibi.hatenablog.com

inunohibi.hatenablog.com

inunohibi.hatenablog.com

関連する動画


www.youtube.com


www.youtube.com