馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

天皇賞・春を見すえて~。データはあくまで過去、何が起きるかわからないのが競馬。※訂正あり。

news.netkeiba.com

 あさっては天皇賞(春)。ディープボンドと和田竜二騎手に勝ってほしいね~。
 和田騎手は、ミッキーロケット で「テイエムオペラオーに捧げる勝利!」をやったけど、オペが亡くなったのは5月17日なので、5月のG1を勝ってまた「捧げる勝利」すればええんやよ。

 
 とはいえ、気になるのは過去データの傾向。長距離G1で実績のある馬が、圧倒的に強い。つまり、菊花賞天皇賞・春を勝っている馬が、また春天を勝つ。

 ライスシャワーがそうであり、去年は菊花賞馬・ワールドプレミアが、プボくん(ディープボンドの愛称)を退けてしまった。
 では、そのビッグ・データに従えば、ディープボンドではなくタイトルホルダーが勝つということか?
 最近の横山武史騎手は、1番人気の馬を続けて飛ばしてかわいそうなんで、いいレースをしてほしいという気持ちはある。

 
 しかし過去の例は、あくまで過去。未来の結果まで決めるわけではない。
 たとえば、「ダービーはすでに実績のある馬が優勢!」「上位人気が固い!」というのは競馬ファンによく知るデータ。

 だが、1996年のフサイチコンコルドや、2019年のロジャーバローズみたいに、たまにデータを裏切る馬が出るのが面白さ。
 一頭一頭違う馬を見ることが大事、と思うんだ。

db.netkeiba.com

db.netkeiba.com

db.netkeiba.com

関連記事と動画

inunohibi.hatenablog.com

inunohibi.hatenablog.com


www.youtube.com

inunohibi.hatenablog.com


www.youtube.com

訂正

 出馬表見たら、タイトルホルダーは横山武史騎手じゃなくて、横山和生騎手(武史騎手の兄)だった。