犬沼トラノオ日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

「天馬」の血を受け継ぎ、レースを荒らした“魔性の名牝” ~スイープトウショウとは。

db.netkeiba.com

 名門・トウショウ牧場出身の名牝。3歳の時に秋華賞を、4歳時にに宝塚記念エリザベス女王杯を買ってG1を計3勝。
 トウショウ牧場は2015年に廃業したため、スイープトウショウが最後のG1馬になってしまった。

web.archive.org

 「トウショウ」の馬で最も知られているだろうトウショウボーイのひ孫にあたり、母系には4代前までトウショウの冠名が入っている。

dic.nicovideo.jp

 この時代――、00年代前半というのは、(スピードシンボリシンボリルドルフで有名な)シンボリ牧場からシンボリクリスエスが出て、(タニノムーティエタニノチカラ兄弟で有名な)カントリー牧場からタニノギムレットが出ており、競馬ファンに馴染み深い冠名が目立っていたたと思う。

馬名の由来とレースぶり

 馬名の「スイープ」は、母の母サマンサトウショウ、母タバサトウショウが、アメリカの人気ドラマ「奥さまは魔女」から取っているため、そこに父エンドスゥイープの名前を合わせ、魔女の「ホウキで掃く」という意味。
 「奥さまは魔女」といえば、何もかも”普通”の女性が、たったひとつ「魔法を使える」という非日常要素でドタバタが起きるコメディー。日本をふくむ世界でお馴染みの「魔法少女の日常コメディー」も、どうやらここから始まったらしい。
 それでウマ娘でも、かわいらしい魔法少女にデザインされているが、性格は激しい。

dic.nicovideo.jp

 史実のスイープも、気まぐれで高慢な性格だったようで、2~3歳の牝馬限定G1では人気に推されても負けたり、逆に人気を落とした安田記念では後方から2着に追い込み、宝塚記念も低評価を覆して39年ぶりの牝馬優勝という快挙を成し遂げた。

www.youtube.com

 はるか後ろから飛んでくるような末脚は、確かに「ホウキにまたがった魔女」だったかもしれない。が、魔女というより「魔性の女」…。

 前走の成績や相手関係よりも、レース当日、気分がいいかどうかが好走する条件の馬だった。

 

 参考

 

 

東京五輪を通じて~。くり上がったサブカル世代と、それがどう見られているのか、という気持ち。

 開会式の「サブカル路線」については、まず前回のリオ閉会式における東京への引継ぎ演出で、マリオが土管に入って安倍首相が出てくるという「安倍マリオ」が国内外で好評を博した経験があり、関係者が味を占めていた、と新聞で報じられている。
 そこがまた小山田圭吾、元ラーメンズ小林賢太郎氏といったサブカル人脈の辞任・解任ラッシュにつながったわけで、全く万事塞翁が馬とはこのことよ。

 

  ワイがキッズだった頃って、ときどき大人(クリエイター)が仮面ライダーネタとかウルトラマンネタやってたけど、そのころ、特に90年代前半って「特撮冬の時代」といわれていたくらい特撮が不振で、思い入れないし、だからネタも面白くなかったんだよね。(「仮面ノリダー」は好きだったかな)
 ※特撮は、「仮面ライダークウガ」以降のいわゆる平成ライダーシリーズから息を吹き返し、再び特撮番組がキッズに定着する。

 
年を取るごとにそういう「自分にかすらないノリ」が少なくなっていって、「他の世代や、好みの違う人は面白いと思ってんのかな」という不安も。
 あー、「呪術」も、「技の説明とか、制度の説明とか、どうでもいいこと長すぎるっすね」といった引っかかりがあるんだけど、そっちの方がいいかもね。

 

アイビスサマーダッシュとは ※追加あり

jra.jp

 ”アイビスサマーダッシュは、中央競馬で唯一の直線コースを舞台に争われる重賞として2001年に創設された。”
 ”JRAで唯一、直線のみで行われるコース。スタートから約240メートルが緩やかな上りで、そこから約200メートル緩やかに下り、残りの約560メートルはほぼ平坦といえるコース構造。”

 

  ふーむ。位置取りとかコーナーリングとか、「まぎれ」の要素が少ないから、難しくないレースなんだろうな。
 「外枠有利」というのも、予想する人みんなが分かっていれば、もはやまぎれではない。

 (…と語っていたら、人気薄の馬が内ラチ沿いで3着に来た。)

www.youtube.com

www.youtube.com

 追加。

dic.nicovideo.jp

 "また直線のみであるため馬にとっては距離感が掴みづらく、騎手の腕も問われやすいレースになっている。
(…)このためコース外側に馬が殺到し、観客に近い部分を疾走する見応えのあるレースになる。"

dic.nicovideo.jp

 "現実のレースでは、荒れた内馬場を避けて外ラチ沿いを進むのがセオリーとされているが、ウマ娘では内外でバ場状態に差はないので、普通のレースと同じく基本的に内よりを進む。"

競馬とウマ娘のまとめ。

togetter.com

 「超スゴ!自衛隊の裏側全部見せちゃいます!」は、めんどいのでブログに載せてなかった。
 前の6月は、「あとで1か月分をまとめればいいや」と思ってたんだけど、自分でもびっくりするほど大量のツイートでへとへとになった。その反省で、今月はさっさとまとめておく。

育成実装の大まかな流れ。

 育成実装の予想が全然当たってないので、もうそれはあきらめて、過去の流れを振り返る。
 4月ごろにナリタタイシンが実装されたときは、ファンに「皐月賞シーズンに合わせてきたな」と思われて、「史実で勝ったレースに合わせて(実装が)来る」という予想傾向を生み出した。
 が、今考えると、メインストーリーの進行に合わせてきたっぽい。最近だとヒシアマゾンもそう。ブライアン中心のストーリーならアマゾンが出るわけだし、それが育成にいなければ商機を逃すからね。
 じゃあ、ツインターボはどうなるだろうか。近いうちに来る気もするけど、昔の馬の後にポンっと新しい馬が来る(カレンチャンスマートファルコン)パターンもあるので、エイシンフラッシュとか…。

~西山牧場に咲いた大輪の花~ ニシノフラワーをちょっと解説。

db.netkeiba.com

 主な勝ち鞍、1991年の阪神3歳牝馬ステークス、92年の桜花賞スプリンターズS。G1を3勝。

 
 1966年創業の西山牧場に、初のG1勝利をもたらした名牝。また、1990年からG1に昇格したスプリンターズSを、92年に勝利し、黎明期のスプリント路線を盛り上げた功績もある。鞍上の河内洋騎手は、91年のダイイチルビーに続いてスプリンターズSを勝利。

 今から見ると、2400メートルのエリザベス女王杯から、スプリンターズS(当時は12月開催)という1200メートルもの急な距離短縮に対応できた点が注目される。

 河内騎手が、ニホンピロウイナーの時代から短距離の乗り方を心得ている名手というのもあったろう。(河内騎手は、1986年にメジロラモーヌで史上初の牝馬三冠を達成しており、「牝馬の河内」というニックネームもあった)

 
 成長カーブは短距離馬によくある早熟型で、2歳から強かったけれど、3歳がピークだった。同期のサクラバクシンオーとは全盛期がずれているので、実力を競い合う場面はなかった。
 小柄な体ゆえ、成長力に限界があったという見方もできるが、ヒシアケボノはブクブク太っていったのに別に成長したわけでもなかった。馬体というのはよく分からん。

 

 関連する記事

 

inunohibi.hatenablog.com