馬と鹿と

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

オズイン、その魅力。

 FEヒーローズをやってないから、ヒーローズの仕組みもなんも知らないんだけど、オズインがまだいない(らしい)ことに驚いた。烈火キャラ、あんなに多いのに。

dic.pixiv.net

 オズイン、烈火をやってない人には、一見地味なオッサン。(実はまだ30代。…ということを、ヘクトルに驚かれる)

 ヘクトルは主人公だけあって、エリウッド、リン、他キャラとの絡みが多く、本編でオズインとヘクトルの会話は、序盤以外少ない。
 加えてヒーローズでは、娘・リリーナとの絡みも足されているらしく、ボリューム十分と思われてしまうのか。

 

 オズインのポジションは、エリウッドに対するマーカスと同じなんだけど、エリウッドが聖人主人公だけに、どうもキャラが薄くなるマーカスに比べ、お茶目な暴れん坊のヘクトルに「お目付け役」として同行したオズイン、二人の支援会話は楽しい。

 ヘクトルの腕前をおだてて、「どうやってそんなに強くなったのですか」と聞かれるうちに、「闘技場で…」と、士官学校をさぼって闘技場で腕試し&金稼ぎをしていたことを漏らしてしまうヘクトル、ようやく尻尾をつかんだ! と迫るオズインとか。

ゲーム上の性能

  ユニットとしては、これまでのアーマーナイトが、暗黒竜&紋章のドーガや、封印のボールスなど、成長率が低めだったり偏っていて、育てるのに忍耐が必要、というイメージを覆した。パラメータのバランスが良くて、序盤から頼りになる上、スイスイ育つ。

 あえて欠点をあげれば、ヘクトルより低い、全ユニット中最低レベルの移動力「4」(CCすれば、一応ヘクトルの「5」に並ぶ)。
 ゆえに攻略評価を上げたかったり、スピードクリア好きな人とは相性が悪く、使わないプレイヤーもいるようだ。