馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

メモ。ニュージーランドトロフィー、格下げの危機について。

news.yahoo.co.jp

 それが1年後か、2~3年後かは知らないが、ニュージーランドトロフィーはもう格下げを免れないだろう。有力馬が分散する昨今の流れ、馬主&厩舎側の事情を差し引いても、中山の芝1600メートルは外枠が不利でコースが悪い。

 東京の1400~1600じゃなくなった時点で、価値を無くしてしまった。

 ところで、唯一中山の芝1600でやってたG1・朝日杯は、2014年に開催地を阪神に移すことで「解決」した。

 

jra.jp

 "1971年にニュージーランドのベイオブプレンティレーシングクラブからカップの寄贈を受けて行われた「ベイオブプレンティレーシングクラブ賞グリーンステークス」が本競走の前身であり、1983年に3歳(旧表記4歳)馬限定の定量による重賞競走「ニュージーランドトロフィー4歳ステークス」となった。"

 公式サイトの解説にある通り、ニュージーランド競馬界との提携で始まった本レース。普段はなじみがないNZも、オグリキャップと伝説の死闘を繰り広げたホーリックスを通じて、日本のファンに認知されている。

関連