馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

皐月賞の注目馬と、結果と感想。まとめて。

news.netkeiba.com


www.youtube.com

 ウマ娘がらみで最も注目を集めているのは、父がキタサンブラック、母の父・キングヘイローのイクイノックスと、父がエイシンフラッシュのオニャンコポン、の2頭だろう。
 イクイノックスの母、シャトーブランシュは、マーメイドS(G3)の勝ち馬。

db.netkeiba.com

 特筆すべき戦績ではないけれど、マーメイドSを勝った時の2着馬は、翌2016年に宝塚記念で、ドゥラメンテ(2着)とキタサンブラック(3着)を破るマリアライトだった。

db.netkeiba.com

 オニャンコポンは進撃の巨人ファン、つまり漫画・アニメ好きからも注目され、ユニークで可愛い名前好きの若いファンからも注目されているようで、まぁとにかく人気。
 オニャンコポンさぁ、競馬ファン的には、エイシンフラッシュと同期で、2010年に皐月賞有馬記念、その翌年、日本馬として初めてドバイWCを勝ったヴィクトワールピサが母父にいるという、「2010年世代配合」がエモいっすよ。

inunohibi.hatenablog.com

inunohibi.hatenablog.com

 今調べてみたら、オニャンコポンの母・シャリオドールは、6戦0勝。

シャリオドール | 競走馬データ - netkeiba.com

 隠れたウマ娘血統の出走馬に、8番・サトノヘリオスがいる。名前から分かる通り、サトノダイヤモンドと同じ「サトノ」の馬主さん。
 母はエアマグダラ、牝系(ファミリーライン)近親にエアシャカールがいる、「エアの一族」だす。

db.netkeiba.com

結果と感想


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

news.netkeiba.com

 見た。注目馬のうち、イクイノックスは2着だった。大外枠の不利…、は感じなかった。もともと中山芝2000は、枠順の有利不利が出にくい、G1レースにいいコースといわれている。

 父・キタサンブラック似の先行スタイルだし、キタは皐月賞3着だったから、2着は上出来。

 母のシャトーブランシュも、下級条件をコツコツ勝って重賞勝ちにたどり着いた、地道で晩成型に見える血統だし、これからこれから。

 

 オニャンコポンは、8番人気で6着。うーん、一応人気より上に来ているが…。父・エイシンフラッシュの血統を考えれば、東京競馬場で切れ味勝負になれば、チャンスがあるかのぉ。
 サトノヘリオスは17着。特に見せ場なかった。

 

 ジオグリフの父はドレフォン。社台さんの輸入した新種牡馬が当たった。

 今よく見たら、勝ったジオグリフの血統って、5代前がガーサント(昔々、社台のエース種牡馬だった)、4代目がノーザンテースト、3代サンデーサイレンスと、綺麗な社台血統やね。ほんで生産者がノーザンファーム、馬主がサンデーレーシングと、社台(グループ)尽くし。

db.netkeiba.com

 国内ではSSとキンカメの血が入った馬が飽和しており、それが俯瞰的には、ロベルト系の再浮上であったり(グラスワンダーシンボリクリスエスの子孫)、重賞勝ち馬のいなかったエイシンフラッシュの浮上であったり、大牧場なら外国から迎えた血がはまる流れになってるんだろう。

おすすめ動画

 天才・福永洋一騎手とハードバージ、など。


www.youtube.com

youtu.be

nico.ms