馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

韓国・文在寅政権がアメリカに屈従する、という結末。

 このまま日韓関係が悪化し続けると、どうなるか。
 韓国の文在寅大統領が、「南北協力経済ができれば、日本を追い越せる」と突然言い出したことは記憶に新しい。だがそれは、北朝鮮が劇的に融和姿勢と平和主義に転じない限り無理だ。
 そうなると、もっと現実的にあり得る展開としては、韓国がますますアメリカに依存することになる。北朝鮮の軍事的脅威が去らない限り、頼みの綱は結局アメリカしかない。しかし、トランプ大統領からすれば、互いに関係の悪くなった日本と韓国こそ思うつぼ。
 いつもは軽率なくらいツイッターで語るトランプ大統領が、日韓軍事情報協定(GSOMIA)破棄に対しては、不気味に沈黙を守っている。今朝の新聞記事では、「多国間協調よりも、二国間交渉でアメリカに有利な取引をしたがるトランプ大統領が、日韓の対立も利用しようとしているのではないか」「韓国をアメリカに屈服させようとしている」と分析していた。
 兆候はすでに出ている。文在寅大統領は、元「慰安婦」女性をトランプ大統領に合わせたり、竹島周辺で採れたエビを会食に出したり、日本に対する物申す外交を、アメリカにすがりつくことで埋め合わせようとしている。
 本来、韓国の左派とは、日本に対して物申すが、アメリカにも同じくらい物申したがっている。韓国の在韓米軍の問題は、日本の米軍基地問題とパラレルである。文在寅大統領は、左派にしてはプライドがなさすぎる。そこが個人的にも嫌い。
 今は左派の支持を当てにできても、「アメリカに屈服せざるを得ない情勢」に直面すれば、支持は衰えていくだろう。
 (それにしても、安倍政権は韓国と違って保守派が支持基盤とはいえ、どんなにアメリカに追従しても、おそろしいほど支持に響かない。戦闘機やらは専門的な話題かもしれないが、ノーベル平和賞に推薦は恥ずかしすぎた。)

 

 関連記事

総理様は媚びへつらいたい。~凡才たちの頭脳戦~ - 犬沼トラノオ日記