馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

「涙が止まらない感動大作」の原作者。

this.kiji.is

screenonline.jp

 「Fukushima 50」は、映画そのものよりも、原作が門田隆将氏の本ということを知って、ギューンと心が冷えた。
 門田氏のことは最近知ったのだが、アメリカ大統領選挙百田尚樹氏らと並んで「不正選挙」論を垂れ流していた作家。

 バイデン氏が大統領に就任し、SNS上で不正選挙を言わなくなってからも、撤回や反省はなかった。
 吉田所長の神格化と、菅直人総理の「無能」強調は、ありふれた構図だと思うが、ラストの取ってつけたような復興アピールと東京五輪プロパガンダは、門田原作だったからか…。

 あの映画から1年後、当時にもまして「復興五輪」がむなしく響く。

 

 ※参考記事

mainichi.jp

www.buzzfeed.com

 ”たとえば、「相変わらず野党の審議拒否とは呆れる」(作家の門田隆将氏)”