馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

安倍総理は辞任してください。

 (「辞任しろ」というタグがすでに出回っているけど、言葉遣いが乱暴なだけで「見たくない」という人がいるので。)

 
 公務員の定年延長見直し。「コロナで雇用情勢が悪化したから」って、めちゃくちゃな理由だよ。経済が悪くなるなんて、数週間前、いや数か月前からわかっていたことじゃない。取ってつけたような理由。
 とはいえ、最近の安倍政権が、GDPや雇用が急速に悪化していることを、必死に「コロナのせい」といってることの集大成にはなっている。

 安倍総理は、旧民主党議員の質問に対して、「民主党政権の頃よりも、有効求人倍率が~雇用が~」といって自分の成果をアピールするのが好きだった。

 民主党時代には、東日本大震災とか、大変なことがいろいろあったわけだが、「災害のせいにするな」ということ自体は正しい。
 災害対応も含めて、政治家は結果責任を引き受けなければならない。しかし今回の新型コロナ流行で、すっかり安倍総理は責任逃れに終始している。

 

 「休業補償が足りない」と、ニュースでよく言われている。

 SNSでは、自分や知人の経験を基に、「阪神大震災の時は何の補償もなかったのに…」「就職氷河期世代は何の救済もなかったのに…」という人がちらほらいた。

 恨めしい気持ちはわかるが、私は素直に「その間、市民の意識が進歩した」と受け止めている。
 政治が何も進歩しなくていいなら、政府職員は前例をデータとして詰め込んだAIでもできるはずだ。
 人間が政治をやるから、新型コロナのような「スペイン風邪」以来(つまり100年ぶり)の危機に際し、決断ができなければいけない。