馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

野党への不満。

 萩生田文科相の「身の丈」発言はひどいし、英語民間試験も大いに問題だろうが、気になるのは世間の反応が鈍く見えること。この前言及した、安倍政権支持者に重なる「格差の容認」や「政治へのあきらめ」を感じる。

 

togetter.com

 先のまとめでは、「野党がダメだから」「野党がだらしないから」とよくいわれた。私も今の野党には不満があって、民主党政権時代に経済政策で失敗した面々、閣僚級は責任を取って議員を引退すべきだと思っている。

 特に、消費税増税に三党合意で道を開いた野田佳彦元首相とは、絶対に手を組んではならない。
 それ以外は、言われているほど「野党がダメ」とは思わない。実質賃金が低いままか下がっている中で、「雇用が回復した」といってもむなしい。私の中ではプラスマイナスゼロだね。

 7年以上になる安倍政権で、良かったのは株価が上がったくらいだろうか。