馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

人口100万人当たりの感染死亡者数、日本と韓国を計算して、比べてみた。

 inunohibi.hatenablog.com

 そうだ。韓国が見直されているけれど、これも再掲しなければフェアにならない。
 「統計を見たら、アメリカと韓国がやばかった」 

togetter.com

 正直今回の新型コロナで、中国と韓国はもうダメだと思っていた。しかし、意外に持ちこたえた、という印象。

 特に、韓国では、初期に新興宗教組織による意図的な感染隠し、という事件があったが、日本でも過去にオウム真理教のテロ事件があったわけだし、ああいう悪質な感染隠しがなかったのは、運が良かっただけだ。

 
 5月8日現在、人口100万人当たりの感染者数、日本、124。韓国、209。(グーグル)

news.google.com

 人口100万人当たりの死亡者数は載っていないので、計算してみる。
 まず人口。日本、1億2616万人(2020年)、韓国、5178万人(2020年)。韓国の2020年の人口データは、ざっと見た感じこれだけだった。

韓国の人口推移(1980年~2020年)日本との比較も | 韓国経済com

 (より正確な人口が知りたければ、韓国語のウェブサイトを見て。)

 で、結果は日本、4.6。韓国、4.9だった。
 韓国の方が感染者比率が高いのは、よく言われているように検査を徹底的にやったからだろう。死亡者比率でも、韓国の方がやや上回っている。(日本の場合、感染の疑われる急死した人が、検査されないままだったというニュースもあるが…。)
 しかし、この数週間の動きで見ると、日本の死亡者比率が、韓国に近づいている。
 最近は日本でも感染が落ち着いているようなので、死亡者比率もそんなに上がらないと思う。が、一部の保守派が抱いていたような、「韓国に対する日本の優位」が崩壊したことに違いはない。