犬沼トラノオ日記

「・・・ところで、ご存じですかね、アルジェリアの総督の鼻の下には、瘤があるのを?」(ゴーゴリ「狂人日記」)

森友問題で自殺?

this.kiji.is

 財務局の職員が自殺した件について、ツイートをさらっとながめる限り、安倍政権を批判するにせよ、朝日新聞をたたくにせよ、「森友問題が自殺の原因」ということを前提として疑っていないようだ。
 (朝日をたたいている奴らのあほさ加減は、今更言うまでもない。同日すでに佐川国税庁長官が辞任を発表し、そして次の日くらいには財務省が公文書の書き換えを認めた。朝日の「ねつ造」「誤報」と言っていた連中ははしごを外されたわけだが、それでも「朝日のせいで自殺」とこじつければ、公文書改ざんという重大問題を報道しなければよかった、ということになってしまう。)
 しかし私の率直な印象としては、「たかが森友で自殺?」という気がする。欧米でも、貧困層の人間が自暴自棄になって自殺、というパターンはよくあるが、こういうエリートが自殺する例はよく知らない。周知のとおり日本は自殺率が高いわけだが、その理由として、地位も名誉もあるはずのエリートがすぐに自殺するからだろうか。
 第一次安倍政権の時も、松岡農水相の自殺という衝撃的な事件があった。あれも事務所費問題とか不正献金とかいろいろ取りざたされていたが、事態があまりにも突発的で、どうも釈然としなかった。後追い報道もなかったし、もう勘ぐっても意味ないが・・・。
 「結局他人の本心はわからない」といわれるが、自殺というある意味殺人に匹敵する重大な現象なら、なおさらそういえる。因果関係のわからない森友よりも、政府が自殺対策に取り組んでいたはずなのに、政府職員から自殺者が出た、ということの方がよっぽど深刻に映るが、どうだろう。