犬と沼の日記

おひまな読者へ・・・。

安倍離れ? 共存する矛盾

inunohibi.hatenablog.com

 そうそう、「マスコミの偏向報道」と並んで多いのが、「(時事通信の)世論調査なんて信用できない」という書き込み。
 確かに世論調査をうのみにしてはいけない。しかし、森友問題の時、安倍政権の支持率が下がらなかったのを、「マスコミの偏向報道に振り回されなくなった」といっていたツイッタラーや、まとめサイトの書き込みは多かった。
 最近、支持率がつづけて下がったのを、「あてにならない」とか「マスコミの偏向報道」というのは、これと矛盾する。いったい世間は振り回されなくなったのか、振り回されているのか。
 当時そういってた人たちが、誰だったか忘れたが(さすがに執念深くて記憶力のいい私でも、覚えて吊し上げる気はない)、秦郁彦陰謀史観」が指摘する、陰謀論の共存と近い構図がある。
 陰謀論者は、あるものはユダヤの陰謀と言い、あるものはコミンテルンと言い、あるものはCIAという。めいめい勝手にこの世界を支配する黒幕を名指しし、一体どれが世界支配の本家で源流になるのか、奇妙に陰謀論者どうし争うことはない、らしい。
 ネット右翼同士も、2ちゃんねるなどで微妙な論理の違いを見せることはあるが、そういう「ズレ」は、まとめサイトが普及してから“ノイズ”としてかき消されるようになった。まとめサイトというのは、全体として、マスコミは信用ならないとか、民進党が何よりクソだというムードを作って、後はアフィリエイトを稼げばいいだけなんである。

 

陰謀史観 (新潮新書)

陰謀史観 (新潮新書)