犬沼トラノオ日記

生活保護、障碍者年金の基準切り下げを許さない。

本人の意思だけでは・・・

togetter.com

 感想は人それぞれ。「それはやっぱり自己責任だろ」と思うだけなら、自由かもしれない。しかし依存症である限り、本人の意志だけでは治せない、ということを理解する必要がある。作中にあるように、適切な治療を受けてコントロールできなければ、性に関する問題行動を繰り返す。
 前にニュースで見たが、セックス依存症の中には、痴漢をやって捕まり、出所後にまた痴漢を繰り返している例もあった。「自己責任だろ」と突き放すだけでは、こういった犯罪行為も繰り返されるだけで、解決しないのでは?

百田氏とハングル

www.tokyo-sports.co.jp

 百田尚樹氏の、ハングルを併記した案内に対する「吐き気がする」というヘイト発言。百田氏のデマゴーグぶりは今更論を待たない。が、「ハングルは日本人が広めた」というのが、保守・右翼の持論だったはず。あるいは百田氏も、知識としてはあっても、韓国憎しでああ言っちゃうのかね。

 

 関連記事

inunohibi.hatenablog.com

選挙に行くな

 (※この文章は、投票時間が終わる前に書きました。)

 今日は統一地方選挙の日。地方政治は国政に比べて関心が低く、投票率も低い。

 だからこそ、というべきか、あなたの一票や、友人・知人に呼びかけた票が、結果を大きく左右する。現に、2週間前の地方選では、同数とか4票差、6票差で決まった当選者もいた。
 私は嘘をつきたくない。「選挙に行こう」ではなく、「私と主義思想が反対の奴は、できるだけ選挙に行くな」といいたい。行かなければいかないほど、私が政治を動かす。

今週の「ジョジョ奇妙な冒険 黄金の風」 90年代の多重人格ブーム

 「ボスは多重人格」という答えに到達するが、結局敗れてしまったリゾット。
 第5部は90年代末に連載されていたが、多重人格を描いたノンフィクション「24人のビリー・ミリガン」が日本でもベストセラーになった影響で、創作界ではちょっとした多重人格ブームがあった時代。(実際、原作ジョジョの終盤では、某キャラが「24人のビリー・ミリガン」に言及して解説している)他のジャンプ漫画でいうと、「幽遊白書」の仙水とか。
 ただし、単に流行の題材を使うだけでなく、「電話」と認識したもので別人格と会話するドッピオなど、ジョジョらしい「奇妙な」演出にあふれている。
 当時ジャンプ本誌でも見ていたが、ドッピオが「とぉ~~るるる」と言い出した時、「はたから見たらやばいけど、本人はいたってマジ!」というアオリ文に笑い転げた記憶がある。編集もノリノリだった。

ワイルド

news.tbs.co.jp

www3.nhk.or.jp

 「ワイルドな憲法審査を」

 早速いじられている萩生田幹事長代行の発言だけど、ワイルドというのは「野性的」という意味だから、文明社会成立以前の「自然状態」から法を考えるロック、ルソーら社会契約説の再興と読み取れなくもない…、わけないな!

損得

www.jiji.com

 ノートルダム大聖堂の再建で、貧困層が損をするわけではない。怒っても得はない。しかしこれが日本だったら、「善意の寄付に水を差すなよ」という空気に押しつぶされ、「きずな」とかなんとかを再確認するだけになりそうだ。人には怒りを表す自由がある。