「歴史教科書なんて、定説がコロコロ変わるのに意味あるの?」

www4.nhk.or.jp

f:id:inunohibi:20170821193648j:plain

 

 NHKで、「歴史のへ~、ほ~ あなたの常識変わります!」という単発の番組をやっていた。父が録画していたんだよ。父は「英雄たちの選択」も「歴史捜査」も欠かさず録画している。テレビ番組表から時代劇と歴史番組を見つけ出す能力がすごいなぁ、と母がいつだったか言ってた。

 「意外と新しくない信長」「天下布武畿内を指していただけ」ってのは、ネットで聞いたことあるけど、テレビで見たのは初めてだった。

 けれど、正直「鎌倉幕府の成立は、1192年(イイクニ作ろう鎌倉幕府)ではなかった?」というネタでは、今更なんも驚かない。むしろ、「やっぱり1192年だったんだよ!」と旧説が復活したら、本当にびっくりだわ。

 番組でもちょろっとふれていたが、そもそも「幕府」というのが、幕府を率いた武士たちの自称ではない。ほら、大河ドラマとかでよくあるでしょ、武将が遠征先で、幕を張って陣取る光景。そこから生まれた漢語を、当時の公家や僧侶が武家政権を指して使っていた、だけらしい。(小島毅足利義満 消された日本国王」、32ページ)

 現代でいえば、「総理大臣」は正式な手続きで定められた役職だから、何年何月に就任したのかはっきりしているけど、「田中角栄が闇将軍として権力を確立した」のがいつ頃かは、人によって意見が分かれるだろう。鎌倉幕府の成立に諸説があるのも、たぶんそのような事情。

 しかし、こうも教科書に堂々と書かれていたような歴史の定説がコロコロ変わると、教科書に書いてあるからって確実なのか、歴史の授業に意味はあるのか、という疑問も出てくるだろう。

 最近私は、731部隊について集中的に書き込んでいた。731部隊の細菌戦、生体実験については、教科書にも一応記述がある。(画像は山川出版社の「詳説日本史B」)

 あるまとめサイトには、「教科書なんて何も書いてないのと同じ」というレスがあった。中途半端な知的エリート気取りほど、「教科書に書いてあるからって本当なのか?」と疑って、「アメリカ政府が公開した情報にはなかったよ~」なんてソースゼロのネット上の風聞を信じてしまうのだろう。

 私なりの考えでは、歴史教科書には検定というものがあるから、歴史学者の事実認定だけではなく、文部科学省のお墨付きもある。複数の専門家や組織が「確からしい」と認めたことを学ぶのは、それなりに意義があるだろう。

 731部隊の番組をやったNHKは、いつものように「反日」と言われたが、だったら731部隊の記述を通した文科省も、反日ということになる。まぁ世の中そういうこともあるかもしれないが・・・、そこまで言えるだけのソースが、明らかに不足している。

「自分探し」と探すべき自分を持たない二人。 アニメ第3期「魔法陣グルグル」

ch.nicovideo.jp

 (※原作後半のネタばれあり)

 今、ニコニコ動画で「魔法陣グルグル」5話やってる。テレビ放映に比べてやけに遅いんだけど、すでに原作漫画読んでストーリー知ってるし、別に急ぐ必要もないんで、テレビのほう見てません。

 誰もが「ストーリー進行が駆け足」と指摘していて、私もそう思うんだけど、原作のほうはギャグのために展開が遅い面もあった。(たとえば、シュギ村でギザイアを倒したのに、旅立たずだらだら村で楽な生活をしていたというギャグとか。)それを削ってサクサク進むのは、それはそれでいいかもしれない。後の重要な伏線になる、ククリの内面描写まで駆け足だけど…。

 グルグルキノコを食べた後の心象風景で、ククリが「私がいない」「私に会いたい」といっているのは、後から振り返ると、適当に詩的なセリフを言わせたんじゃなくて、ちゃんと作品のテーマを表していた。

 ククリはミグミグ族とかグルグルとか、自分のルーツをたどることで、「自分」の答えを見つけてゆく。つまり「自分探しの旅」。

  けれど一方で、ニケに示される、探すべき自分を持たないおちゃらけた男主人公がいる。だからただのギャグやパロディー漫画だと思っていると、読者がグルグルの秘密に「気づけない」という巧みな構造があった。

  (ニケは最初、スケベで女好きのくせに、ククリの恋心を正面から受け止められないという、寅さんとか諸星あたる的主人公だったが、そんなニケもククリとの旅を通して成長し、成長することで気づく。)

  それだけに、アラハビカ編以降は「グルグル=ククリの心象風景」というテーマが肥大化して、作者がストーリー作りに苦労している印象を与えた。とはいえ、それを差し引いても十分名作。

 ついでに思い出話。青年になってから古本屋で昔の「ファンロード」をあさって、グルグル特集号を見つけたら、ジュジュのイラストが一番多いことにびっくりした。

 当時は若く、まだオタクになりきってなかったので気づかなかったが、ジュジュは「普段は物静か、無表情」「神聖な立場と雰囲気」「実はおてんばで毒舌」といった、萌え要素詰め合わせみたいな女の子だった。

「ゴールデンカムイ」11巻、読んだ。

 アシリパの恋心と嫉妬にまったく気づかない杉元は、ラノベ主人公か何か? (いくら杉元にとってアシリパが恋愛対象でなくとも、周囲の人物は察している。)

 尾形は何を考えているのか分からないと思っていたが・・・、闇が深かった(なんて反応は、完全に乗せられてますね)。5巻で谷垣を殺そうとしていたが、二階堂が言ったように、部隊から勝手に脱走したなら始末しなくても同じだったはず。

 尾形は些細な理由で人を殺したがるのか? ・・・というのは考えすぎかな。

はるかに詳しいサイト

togetter.com

http://www.geocities.jp/yu77799/731/beikokubunsho.html

 731部隊について、にわか仕込みの私よりも、はるかに詳しいデマ検証記事があった。まぁけど、この人も言うとおり、本はちゃんと読もう。

 私が思うに、ネットというのは、調べたい事柄についてのとっかかりとしては便利。その分野にどういう議論があって、どういう文献が必読書になっているのか…、はネットのなかった時代に戻れないくらい、超便利。しかしちゃんとしたことを言うためには、本を読まないと説得力がない。

講談社現代新書の「七三一部隊」について

 ついこの前、「現在入手できる本では~」と書いたが、今アマゾンを一通り見たら、731部隊についての基本書が、ほとんど品切れになっていた。

 数少なく残っていたのは、講談社現代新書常石敬一七三一部隊」だったが、これは問題がある。

 著者は731部隊の研究で有名な人らしいが、肝心かなめの人体実験や細菌戦の具体的証拠は、自身の先行研究と本の紹介でさらっと済ませて、水で薄めたような退屈な情報が延々と続く。この本を読んだだけでは、「事実だったんだ」と確信が持てないだろう。

 ・・・出版業界の現状はお寒い限り。一部の有名な古典以外は、次から次へと絶版になってしまい、新しく出る本は、歴史関係でいえばどうでもいい右翼の本ばかり。

またかい

え、今日の夜、また「サマーウォーズ」やるの? いいアニメ映画だけど、「もう見たよ」という気分。ジブリを繰り返し流すのがそろそろ飽きられてきた読売・日本テレビ系列は、なんとしてでも細田守を「第二のジブリ」にしたいとか? あるいはTUBEの歌みたいに、夏の風物詩にする気か。

補足。人体実験の決定的証拠について。

togetter.com

inunohibi.hatenablog.com

inunohibi.hatenablog.com

 

 人体実験の証拠については、人体実験に関わった医者たちがアメリカに送った「19人の医者によるリポート」、他に8千枚の病理標本が、なぜかアメリカで見つかっていないんですね。これが確認されれば、これ以上ない証拠になるのですが、それがないところに否定論者や懐疑論者の付け込むすきがあるんでしょう。

 ところで、ネット右翼の間では、「アメリカ政府が公開した情報に証拠はなかった」ということになっている。実際には、前に挙げた「ヒル・リポート」のような証拠があるんですけどね。どうせ彼らは、何かのまた聞きで、ちゃんと本を読んでないんでしょう。