犬沼トラノオ日記

「・・・ところで、ご存じですかね、アルジェリアの総督の鼻の下には、瘤があるのを?」(ゴーゴリ「狂人日記」)

ヘタレなもので・・・。表現規制問題と弁明。

 表現規制の問題はいろいろ難しく、力不足なのに首を突っ込まない方がいいのだが・・・。

 ひとつふたつ。規制反対派の言う「ポルノ表現が規制されれば、やがて表現の自由全般が抑圧される」というのは、仮定の話に過ぎない。左翼が言う「やがて徴兵制が導入されてしまう」というのと同じで、「徴兵制を導入するつもりのない集団安保法制賛成派」からすれば、痛くもかゆくもない。

 青識氏たちは話が単純すぎる。「ヘイトスピーチ表現の自由」といっても、現に欧米諸国で人種差別禁止法が制定され、近年では日本でもヘイトスピーチが法的に否定された。そこで「ヘイトスピーチやポルノを規制すれば、やがて表現の自由が深刻に抑圧され・・・」ということが、どれほど妥当するのか。そういう観点も存在しうる。

 世界的に見れば、先進国でポルノ表現の規制は厳しくなっており、日本は相対的にゆるい。先進国の中で「表現の自由が抑圧された」という具体的事例がないと、説得力は増さないだろう。
 青識某氏と論争したときもそう思ったのだが、博識な青識氏なら何か知ってるかと思い、その時は切り出す勇気がなかった。ヘタレなもんで・・・。

 表現規制は、法的レイヤーから道徳的レイヤーにまでまたがる。「法は最低限の道徳」といわれるように、議論にせよ実践的取り組みにせよ、道徳的な次元で耐えがたくなったものは、強制力を持った法的次元に移る。

 表現の自由問題の難しいところは、なんでも自由であればいい、規制がなければないほどいい、という単純な話ではないことだ。

 もし表現の自由が徹底して絶対であるならば、エロ漫画などを法律上「18歳未満禁止」にすることも、不当な規制になってしまう。もちろん、ハードなエロ漫画がジャンプだマガジンだ少年誌に乗っていたら、非難ごうごうだろう。
 つまり、「エロ本は18歳未満禁止」といった適度な規制は当然必要になるし、アメリカのテレビ業界が、テレビへのゾーニング、年齢フィルタリングの導入に賛成したように、世間の非難をかわすために、ある程度表現規制を受け入れるという戦略もある。

 本屋に並ぶ露出の多い服の女性キャラとか、性的な女性キャラの表紙も、ただちに法的規制をしてはならないが、本屋や出版業界が道徳的配慮として取り組みをするかどうか、課題は残る。

李氏朝鮮に学べ。余談を追記。

togetter.com

 イグ・ノーベル賞、日本人が12年連続受賞。喜びと賛辞の声の一方で、毎度懸念されているのが政府による研究予算の削減。これが日本における科学技術の未来に暗い影を落とす。

 朝鮮王朝(李氏朝鮮)史上最高の名君といわれた世宗(大王)は、中国の唐王朝にならって集賢殿という学問研究所をたてて、前途有望な若い官吏に休暇を与えて研究に専念させた。

 世宗が在位した15世紀は、朝鮮半島の科学が進んでいた時代でもあり、世界で初とされる雨量計の発明と全国への設置などが行われている。
 もちろん、この時代には支配体制を否定してしまう自由な学問はできなかったわけだが、古人の知恵には学ぶべきところがあるだろう。少なくとも、「選択と集中」などという覚えたての経済用語を振りかざしたようなやり方よりは。

 追記

朝鮮史 1 | 山川出版社

 余談だけれども、世界歴史大系の「朝鮮史」。山川出版社で、世界歴史大系で、編者が宮嶋博史氏その他とくれば、これは朝鮮史通史のニュースタンダードになる凄い本だろう、という予感がする。しかし本体7500円と、出版業界のハイパーインフレを感じさせる価格。私の住む市内の図書館にはおいてあるが、期限内で読み切る自信はない。

補足。大西洋憲章に違反しているロシア。

安倍総理とプーチン氏、日ロ首脳会談で役者の違いを見せつけられる。 - 犬沼トラノオ日記

 千島列島について書いてある直リンクはこちら。

尖閣・竹島・千島 領土問題 - 特集

 私は共産党の回し者ではないけれど、ここで千島と尖閣諸島の歴史について書かれていることは正しい。竹島(独島)はナイーブな問題であるけれど、記述は一応間違っていない。
 補足すると、1941年8月にアメリカのローズベルト大統領とイギリスのチャーチル首相が採択した大西洋憲章では、戦後処理の原則として「領土不拡大」を掲げている。これは旧ソ連もワシントンで採択された連合国共同宣言で確認しており、ロシアによる千島列島の実効支配は明白な国際合意違反なのだ。

日ロ首脳会談で役者の違いを見せつけられる。

 当然のことだけれども・・・、記録的な台風に加え、北海道で大地震が最近起こったのは、安倍首相のせいではない。単なる日本の地理的環境だ。けれども、日本が自然災害の多い厳しい土地なら、防災に関する標準以上の優秀さが政治家に求められる。
 安倍首相が日ロ首脳会談に向かったのは、それ自体震災復興への意識を疑うわけだが、その首脳会談でもプーチン大統領の「まず年内に平和条約を結ぼう」という唐突な提案に、食われた様子の総理。「得意の外交で得点稼ぎ」というつもりだったんでしょうが、プーチン氏の方が上手だった。
 振り返ると、安倍総理は時々、右翼系の支持者にとっては耐え難いことをやってきた。特に軍艦島世界遺産登録で、朝鮮人強制労働の事実を記すといったことは、日本側が「国内に世界遺産を増やす」という功績を焦った結果だろう。
 平和条約締結の功績を焦る安倍首相が、プーチン氏の手玉に取られらた形。そもそもオリンピックも、わかりやすい実績づくりで東京都に加担して、どんどん泥沼にはまっている印象。
 ただ彼ら(右翼)は、安倍政権以上に立憲民主などを耐えがたく思っているので、安倍内閣の岩盤支持に変わりはない。これほど右翼から支持されながら、右翼が舐められている内閣というのも、憲政史上初めてではなかろうか。

 北方領土問題について私見を言うならば、そもそも四島返還論じたいが、しごく中途半端に見える。四島返還では、千島列島から追い出された元住民全てが救済されるわけではない。

 共産党は千島全島の返還を要求している。自民党の場合、吉田茂首相という自民の源流政権がサンフランシスコ平和条約を批准したため、そこに明記された千島の放棄を律義に守らなければいけないのだと思われる。
 しかし、条約の枠組みを守って解決しようとすることは、一方で韓国との慰安婦問題などでは成功しなかった。日韓条約および請求権協定の欠陥を乗り越えて日韓合意を結ぶ必要があったのなら、サンフランシスコ平和条約の枠組みもまた、とらわれても仕方ないのでは?

 

 参考記事

尖閣・竹島・千島 領土問題 - 特集

57、領土問題(2017総選挙各分野の政策)│各分野政策(2017年)│日本共産党の政策│日本共産党中央委員会

「100分de名著」 エーコ「薔薇の名前」第2回

 「異端は作られる」というのは、エーコより一世代前の現代思想アルチュセールフーコーでさんざん聞いたよ、って気もするのだが、それをミステリータッチの小説でやったところにエーコの新しさがあるんだろう。たぶん。
 「薔薇の名前」は14世紀のお話であるが、ヨーロッパで異端審問や魔女狩りが最も激しくなったのは、ルターの宗教改革以降で16世紀から17世紀のことらしい。安定期には何もしなくても安定しているものだが、それが揺らいでくると、番組内でも言われたように、やれ異端だなんだと締め付けが厳しくなるのだろう。

 前回

「100分de名著」 エーコ「薔薇の名前」第1回、私的解説。 - 犬沼トラノオ日記