馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

実質賃金をめぐる攻防。

 統計不正問題を受けて、野党は「実質賃金はマイナスだった」「アベノミクスは偽装されていた」と攻勢を強めている。しかし賃金がマイナスになっただけなら、前にリツイートした考えのように、労働者への給付金などでいくらでも政策的にリカバリー(補填)できる。
 公平を期して言えば、実質賃金のマイナス自体は、アベノミクスと関係ないかもしれない(政治でコントロールできない経済メカニズムだってある。当たり前だけど)。低所得者対策とか、そういうことをしていないから「アベノミクスは失敗だった」といわれるのであって、逆ではない。
 こんな言動が支離滅裂な政府でも、量的緩和さえやっていれば景気が良くなり、失業率が改善するのなら、やっぱり量的緩和はすごいのかもしれない。いや、アベノミクス懐疑派の私がいっても、皮肉にしかならんのだけど。