馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

テレビスペシャル「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」の感想。

 「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」を見る。再放送。3年前の初放送の時は、観ていなかった。そのときは、忙しかったりめんどくさかったりしたような・・・。アニメオタクの例にもれず、昔「カリオストロの城」とか「ルパンVS複製人間」を面白くみたけれど、ルパンファンというほどでもない。
 ストーリーは、過去作のパターンを踏襲した王道で、特に意外性はない。作画も週1アニメだったシーズン4を一部使いまわしていて、「テレビスペシャルでも、これはちょっと・・・」という迫力のないシーンが目立つ。

 とはいえ、原点回帰を狙った線の太い荒々しいタッチはいい雰囲気だし、ゲストキャラのレベッカなども、声は新人の藤井ゆきよ氏だったが、違和感なく混じっていた。
 総じて、あんまり面白くないけど、ルパンらしい良さはあった。