馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

前原誠司氏と枝野幸男氏

 民進党の代表戦。

 前原さんって、小泉政権のときは、党首討論で「自民党民主党で改革競争だ」って言ってた人。もともとは、松下政経塾出身にありがちな新自由主義。福祉のことをわかってんのかなぁ。

 枝野さんは…、よく知らん。蓮舫氏の陰に隠れていたが、事業仕分けでドヤっていたのは覚えている。消費税増税に反対しているし、前原さんよりはよさそうなんだが、劣勢らしい。

 前原さん、「財源の裏付けを示す」って・・・。民進党は、政権与党だった時「埋蔵金がある」といった大言壮語が、「結局財源がありませんでした」でこれといったこともできなかったのが、相当トラウマのようだ。

 しかし本当にトラウマにすべきは、赤字国債を発行し続けて景気を浮揚させている安倍政権に、支持率で完璧に負けていることです!

 はじめ新聞社説などは、「国民が公平に負担する消費税」が、「福祉の財源としてふさわしい」などといっていたが、所得の低いものほど負担の重い「逆進性」を指摘されてから、「福祉の財源に消費税」論は破たんしたのだ。

 さらに低所得者対策の軽減税率が、エコノミストから批判を浴び、インボイス導入が中小の小売業者から「負担になる」と反対され…、と次から次へと難題続き。新聞社説も、それらに結局「我慢しろ」という根性論に陥る始末だった。

 民進党の現金給付案は、軽減税率よりはるかにマシなものだったが、消費低迷による景気への影響、駆け込み需要と反動減という振れ幅の大きさなど、今の日本で消費税が上げにくいことに変わりはない。

 それでも一部の人間が消費税にこだわるのは、どこかから「日本の消費税は世界的にみればまだ低い」とか吹き込まれてんだろうな。