馬と鹿と

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」ティニーをレベル30まで上げてみた。※午後9時、追記した。

画像

画像

 前に暇つぶしでやっていた聖戦、何周もしたゲームだから、なるべく違うことをやろうとして、今までクラスチェンジさせたことのないティニーをマックスまで育ててみた。
 そうか、お前マージファイターになれるのか(無知)。

 

 持っているスキルで察しが付くでしょうが、父親はアゼル。
 ゲーム内でも、親密度を上げる会話イベのある、いわば公式カップル(の一つ)だけれど、ティニーを育てるんだったら、結局アゼル×ティルテュが無難になる。

 たとえば相手がクロードだと、魔力成長率は高そうだけど、「追撃」スキルがない(つうかクロードはスキルが全くねぇ)。ヴァルキリーの継承もできん。

 レヴィンでも、「連続」はあるけど「追撃」がない。

 レヴィン×ティルテュの組み合わせだと、第6章(セリス編序盤)からアーサーがフォルセティを使えて楽、と書かれている(ただしティルテュの遅い参戦に加え、キャラの接点、親密度の上がるイベントがないんで、カップル成立は大変だろう)けど、ティニーは完全に置いてけぼり。イラナイツになりますね。

 ティニーは加入時期の割にレベルが低く、上記のように父親次第でチートになれるアーサーに比べて、親世代のティルテュ同様、微妙な性能。

 間接攻撃できるので、一応攻撃に参加はさせるけども、毎度終盤の難易度上昇に置いて行かれた。

 

 ただ、狙って育ててみると、まず町を大量訪問させたり(加入する7章から、リーフらが初期配置される南東レンスターに町が連なっているので、残しておく)、またはパティからゴールドをあげてエリートリングを買わせたり、セリス編(子世代編)で多い市民・こども救出を集中的にやらせたりすると、案外楽にレベルMAXまで行った。
 聖戦の闘技場は、ロストの心配がないので、ごり押し可能。「怒り」スキルで逆転勝ちしやすいのもある。

 しっかし、マージファイターかぁ。「ちから 7」じゃ、剣が使えてもねぇ…。
 上級職がマージナイトで、移動力が大幅に上がり、攻撃後再移動も可能な聖戦の騎兵恩恵を受けるアーサーと比べると、旨味が少ない。

 うーん、やっぱりティニーは不遇。

追記。いや、杖が使える

画像

  あ、マージナイトに比べてマージファイター、杖が使えるのは強みだわ。育てておいて忘れちゃって、どどどーする。

 

画像   

 結局、アーサーの方にトローンを持たせ、ティニーにはそれより重くて使いづらいボルガノンを割り振った。
 一応、エルウインドはティニーで、ちょっとバランスをとる。

関連する(?)記事

inunohibi.hatenablog.com