馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」17巻読む。

 アカザ戦の時、炭治郎すでに闇堕ちみたいな顔してた。怒らすと怖い人系主人公。

 
 コミックスの余ったページで、「カイガクはヒメジマの寺で養われてた子供」とか、本編でやってない設定を書いてる。盛り込みすぎると話が間延びするので、サイドエピソードを取捨選択したんだろうなぁ。
 こういっちゃあなんだが、「ブ〇ーチ」だったら数週にわたって回想に入るような設定をバッサリ切っているので、スピーディーで読みやすい。なんかもう、本誌の方では最終決戦になっているし。