犬沼トラノオ日記

「・・・ところで、ご存じですかね、アルジェリアの総督の鼻の下には、瘤があるのを?」(ゴーゴリ「狂人日記」)

アニメ「魔法陣グルグル」第11話

 ネットを見ていると、ときどき「コパール王国編までが好き」というコメントを見かける。俺っちはアラハビカ編も好きなのだが、アラハビカからメルヘンチックな描写が増えるし、一層ふわふわした世界観になるので、初期の作風が好きな人からは、賛否が分かれるのかも。
 これまで変なオヤジばかり出ていたが、おかしら(スライ)は稀にみるかっこいいおじさん。「魔法のようなあやふやなものを好まない」という、ファンタジーに染まらない硬派なポリシーもいい。
 だがしかし、グルグル世界のギャグ時空に巻き込まれて、大臣と憎まれ口をたたきあうシーンで股を攻撃され、ハゲカツラをかぶせられ・・・、と報われないことに(たぶん次回では、アヒル)。
 カマドウマというあだ名はひどいが、「便所コオロギ」でないだけ温情が感じられる。
 3期アニメでは、これまで「このギャグをカットするなんて残念」と思うことが多かったが、この回ではそういうこともなく、「ちゃんと拾ってくれた」という印象。「そういう嫌な役やってると真っ先に死ぬぞ」とか、メタすぎるギャグを削ったのも正解だと思う(好きだったけど)。