馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

ダノンザキッド、祖父・父の4歳秋<覚醒>がここで…。マイルCSの結果と感想。

race.netkeiba.com

youtu.be

 地味に、いや割と派手に、ジャスタウェイ産駒のダノンザキッドが2着に入った。
 セリフォスはともかく、ダノンザキッドまで来る組み合わせはちょっちむずかったようで、馬連万馬券馬単も2万近くついている。
 血統的に言えば、父・ジャスタウェイ、祖父・ハーツクライだけに、4歳秋に強くなってもおかしくはない。しかし、実績はサリオス(5歳、父・ハーツクライ)の方が上回っていただけに、盲点だった。

 

 優勝馬セリフォスの父・ダイワメジャーは、ダイワスカーレットの半兄。現役時代、G1を5勝。ダスカとはラストランで一度だけ戦った。

inunohibi.hatenablog.com

 馬単体でも、のど鳴りを克服したというドラマ性があるし、まだ「ウマ娘」に出てないのが不思議なくらいの逸材。

db.netkeiba.com

 有名なエピソードとして、新馬戦のパドックのとき、真ん中で寝ころんだといわれている。
 馬を知らない人でも「図太いなぁ」とほほえましいだろうけど、馬の生態を知っていると、もっと「図太いな!」と驚くし楽しい。


 馬というのは、平均的には臆病なので、初めて見る人間が怖い馬もいる。一部は厩舎に入る際、初めて見る調教師や厩務員にビビるし、大勢の人間が集まってこっちを見ているパドックは、たいへん怖いらしい。(何度もレースに出てパドックを経験すれば、「危険じゃない」と認識する)
 初めてのパドックで寝転がるというのは、相当キモが太い。しかしキモが太い反面、気性は激しかった。妹のスカーレットも、騎手の指示を無視するし、落ち着きのない馬だったようだけど、メジャーはさらに荒い性格だった。

ダイワメジャー|名馬メモリアル|競馬情報ならJRA-VAN

関連記事

inunohibi.hatenablog.com