馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

概略、シンボリ牧場とメジロ牧場のつながり。社台との和解?

 補足しようと思って書き始めたら、ちょっと長くなった。

inunohibi.hatenablog.com

 メジロマックイーンの祖父、天皇賞メジロアサマは、 シンボリ牧場が生産した馬。メジロアサマシンボリルドルフを輩出した名種牡馬パーソロンは、シンボリ牧場が輸入した馬だった。

 メジロ牧場の創業者・北野豊吉氏は、もともと北野建設を立ち上げて成功した人で、個人馬主だったのが競馬に傾倒していく内にちに、自分で牧場を作って生産まで始めた人。

 似たようなパターンでは、冠名「タニノ」で知られる谷水牧場(のち、カントリー牧場に改称)が有名か。現在でも、ーセンジョーダンなど冠名「トーセン」の馬主である島川隆哉氏が、本業とは別に牧場を作って競走馬生産を行っている。

 
 その後もシンボリとメジロの密接な関係は続き、ヨーロッパでモガミという馬を共同購入している。
 モガミは競争成績こそ凡庸だったものの、種牡馬入り後にメジロラモーヌシリウスシンボリを出して成功した。メジロとシンボリを切り離して語ることはできない。

 

 そんなシンボリ牧場も、ルドルフら数々の名馬を作り出した和田共弘氏が94年に亡くなり、共弘氏の長男・孝弘氏が牧場を継ぐ(三代目)と、時代に合わなくなった所有馬を整理している。
 メジロ牧場の方では、社台一強のすう勢に抗おうと、日高にある他の牧場と連携してヨーロッパから名馬ラムタラを迎えたものの、無残な失敗に終わった。

 もっとも、種牡馬ビジネスというのは、高い種付け料や種付け株(シンジケート)を設定し、繁殖牝馬を集めてから、実際に産駒が走って期待が失望に変わるまで、数年のタイムラグがある。

 ラムタラの赤字そのものは少なかったという話なのだが、ラムタラが成功しなかった間に、社台はサンデーサイレンスその他で圧倒的に成功し続けたのだから、社台とそれ以外の牧場には取り返しがつかないほど差が付いた。(渡辺敬一郎「日本競馬 闇の抗争事件簿」、第二章)

 
 シンボリ牧場は、名馬シンボリクリスエスの所有権を社台グループに半分渡して、引退した。シンボリ牧場の本拠地は千葉で、そのうち北海道にも分場ができていったのだが、社台との接点はなかった。中には、和田共弘氏が社台牧場の創業者・吉田善哉氏と仲が悪かったという話もある。

 それが社台と共同権利者になるまで接近したのは、時代の移り変わりを表していた。

関連する動画と文献

nico.ms

 ここに出てくる「日本ホースメンクラブ(本ではニホンホースマンクラブだったり、表記ゆれが)」も、シンボリとメジロの深い関係を示すプロジェクトだった。

youtu.be