馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

二頭のサンデーサイレンス産駒、復活の陰には獣医学が…。 その他、最近作ったまとめ。

nlab.itmedia.co.jp

 ディープインパクトのようなエリート然とした馬から、ステイゴールドのような超の付くクセ馬・個性派までいたのが、サンデーサイレンス産駒の面白さ。(ステゴも生産者と馬主は社台で、出自だけはエリートなんだがなぁ…)
 初期産駒は早熟傾向に見えたけど、やがてマンハッタンカフェゼンノロブロイハーツクライのような晩成型の馬も現れた。サイレンススズカも、そういうイメージで語られないけど一応晩成か。

inunohibi.hatenablog.com

 前に「天才だけど脚や体質が弱い」と書いたものの、後期の産駒になると、だいぶ改善している。これは、調教や獣医学の進歩が大きい、と思う。

 顕著な例として、喘鳴症(のど鳴り)を手術で治したダイワメジャーダイワスカーレットの兄)や、孫世代だけど、屈腱炎を幹細胞移植で克服したカネヒキリがいる。

ダイワメジャー|名馬メモリアル|競馬情報ならJRA-VAN

カネヒキリ|名馬メモリアル|競馬情報ならJRA-VAN

 カネヒキリの父・フジキセキの時代に、その幹細胞移植ってぇのがあったら…、というタラレバは、キリがないな。

関連記事

inunohibi.hatenablog.com

inunohibi.hatenablog.com

最近作ったまとめ

togetter.com