馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

育成実装はカワカミプリンセスだった。なぜドーベルやスイープじゃなくて、カワプリか。

 まさかのカワプリ(カワカミプリンセス)! と言われてそう。俺もすっかりカフェが来ると思っていたんだけど、秋華賞優勝組だったね。

 (「ぱかライブに合わせて、次回カフェではないか」という予想が)

 どうでもいいけど、今回のガチャ3分の2が武闘派。

inunohibi.hatenablog.com

appmedia.jp

 先日「名牝の層が薄いんで、牝馬好きは寂しいじゃろう」といったけど、ドーベルやスイープより先にカワプリだった。まぁゴールドシチーヒシアケボノのパターンがあったから。

 

 カワカミプリンセス|名馬メモリアル|競馬情報ならJRA-VAN

 「父は、これが2世代目の産駒となるキングヘイロー。世界的良血として知られるキングヘイローだが、自身のGI勝ち鞍はスプリント戦の高松宮記念のみ。初年度産駒が大ブレイクしたわけでもなく、まだまだ種牡馬としての注目度は低いといえた。

 (…)

 そうカワカミプリンセスは、シンデレラストーリーならぬプリンセスストーリーを“強さ”で作り上げた馬だった」

考察部分

 9月のヒシアケボノ、10月のカワカミプリンセスは、勝ったG1に合わせたものだった。
 このパターンが年内G1シーズンの間続くとなると、「なぜアケボノ、カワプリなのか」という点でも納得がいく。

 アケボノよりG1勝利数(実績)で上のニシノフラワー、それゆえに、12月に勝った阪神ジュベナイルフィリーズに合わせて実装してもいい。
 カワカミプリンセスも同様に、メジロドーベルスイープトウショウの方が実績で上だけど、11月のエリザベス女王杯に合わせればいいからね。(ドーベルは12月の阪神JFも勝ってる)
 ただ、未実装の内、菊、秋天、または有馬を勝った馬は多いんで、今のペースだと実装が追い付かないんだけど…。

ある程度、絞れるキャラ(馬)として

 11月のマイルCSを勝ったのはダイタクヘリオス。同月ジャパンCは、ゼンノロブロイキタサンブラック。12月の阪神JFは、ニシノフラワーメジロドーベル。同月朝日杯、アイネスフウジンサクラチヨノオー