馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

競馬豆知識。「阪神3歳ステークス」を解説する。※参考文献を追加。

 ゴールドシチーが勝った時の「阪神3歳ステークス」と、ニシノフラワーウオッカが勝った「阪神3歳牝馬ステークス」および「阪神ジュベナイルフィリーズ」は、別のレースだと思った方がいい。

 1990年までは、関東の朝日杯、関西の阪神3歳ステークスで、それぞれ3歳(現在の表記では2歳)チャンピオンを決めておりました。

web.archive.org

 なーんでそんな番組編成だったかというと、昔は馬の輸送技術が低くて、関西馬が関東に、関東馬が関西に遠征するのは、馬に結構な負担がかかったらしい。そのため、東西に条件の似たレースを置いていたのです。

タマモクロスウマ娘)の関西弁キャラについて

 ちなみに、(ゴールドシチーと同期の)タマモクロスは、なんであんな関西弁キャラなのだろうか。(多くの競走馬がそうであるが)タマの出生地は北海道。私も不思議だったんだけど、最近気が付いた。
 タマモクロスは体質が弱く、3歳の6~7月に札幌で走っただけで、あとはずっと関西のレースに出ていた。4歳、空前の「芦毛対決」で盛り上がった1988年の天皇賞・秋が、なんと関東初遠征。

db.netkeiba.com

 それを「関西への愛が強い」というキャラにされたのでは。

 

 関連記事

inunohibi.hatenablog.com

 参考文献を忘れていた。

 

  また古い本になって恐縮だけど、むかし読んだ同書で、番組改編の意図や理由についてJRA職員にたずねた記事が勉強になった。