馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

コロナ流行という事態から生まれたバイデン新大統領。

 陰謀論者やネット右翼は大いに勘違いしていたけれど、バイデン氏個人は重要ではない。春ごろに新型コロナの流行で、サンダース氏やブティジェッジ氏が早々と予備選を降りて、バイデン氏に候補を一本化したのだ。

 重要なことは、民主党が反トランプ票を集約することだった。

 民主党予備選の序盤では、むしろバイデン氏が苦戦していた。バイデン新大統領誕生は、新型コロナという異常事態が呼び水になったのだ。

アメリカ、民主党の候補者選び。バイデン氏とサンダース氏について。 - 犬沼トラノオ日記

 ネット上には、バイデン氏が「中国から利益供与を受けている」バイデン氏の息子が「未成年少女と淫行」「ドラッグ」といった真偽不明のスキャンダルがばらまかれたが、これらはバイデン氏が「ベテラン議員」で、「すでに成人した息子のいる高齢者」という経歴に依存していた。
 副大統領(候補)に指名されたハリス氏や、若き新星と目されたブティジェッジ氏だったら、こんなスキャンダル作戦もできたかどうか…。

 むしろ「多様性」や「寛容」といった、リベラル派の価値観を脅かさないやり方に、反リベラル、反ポリコレ勢力の限界を見た。

 
 そもそも、今アメリカでもっともスキャンダルまみれの政治家といえば、まずトランプ大統領である。保守派はロシア疑惑といった、数々の確度が高い不正や疑惑をスルーし、なぜか「バイデンの息子ハンターが…」という周辺的スキャンダルまで気にしている。
 ロシア疑惑等々の追及は、共和党過半数を占める上院が握りつぶした(前に説明したとおり、大統領の裁判は連邦議会上院が行う)。

現職大統領の方が「不正選挙だ!」という事態。 - 犬沼トラノオ日記

 しかし、この時点ですでに、ロムニー上院議員といった共和党の有力議員が、トランプ氏と距離を取っていた。
 政治経験がなく、最初は泡まつ候補扱いだったトランプ氏に、共和党が心中する覚悟で忠誠を尽くす理由はない。
 私の予測はあまり当たらないのだが、これから共和党の手のひら返しが始まるのではないか。

 

 参考。

webronza.asahi.com

webronza.asahi.com

www.asahi.com