犬沼トラノオ日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

エヴァンゲリオンも当時は賛否両論だったし、あと10年すれば~。

 昨日、鬼滅劇場版の公開が始まったが、いやもう、世間の過熱っぷりが凄い。テレビニュースでもよく取り上げられている。
 「けいおん!」がヒットしたころにも、「今、アニメの影響で10代の若者にバンドブーム」といった取り上げられた方をしていたが、ケタ違いの注目度。
 劇場版がこれほど話題と注目を集めているのは、記憶をたどる限り、エヴァンゲリオン以来じゃないだろうか。(報道量では「ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン」劇場版もあったが、ほら、あれは例の不幸な事件で…。純粋な作品の力でないのが悲しい。)

 
 ちなみにオタクの中には、「そんな話題になるほどすごいか?」「過大評価」という懐疑的見方もあるが、私はそうは思わない。

 エヴァンゲリオンも当時は賛否両論で、伝説巨神イデオンといった先行作品に比べて低く評価する年長オタクも多かった。しかし、今は名作として安定した評価を確立していると思う。
 鬼滅も原作は完結を迎えたし、あと10年すればファンのマナーも落ち着いて、評価が安定するだろう。
 (それよりも、出版不況やら少子化やらが重なって、いい漫画が昔より売れなくなっているほうが気がかり。ヒロアカですら、初版発行100万部いったことがないというのは、時代の変化を感じさせる。)