馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

何よりも最低賃金を上げるべき。

 最低賃金が上がってほしい。奨学金の充実もいいけれど、奨学金「だけ」だと大学卒業者と非大卒の格差が開いてしまうので、最低賃金アップを伴わなければならない。労働者全体を底上げすべき。
 昨日や今朝のNHKニュース「検証・安倍政権」では、安倍政権の間に労働分配率が下がっていたことを取り上げていた。企業の収益が上がっているのに、労働者に還元されていない実態を、自民党甘利明氏は、「リーマン・ショック以降、企業に広がった自己防衛意識」にあると説明していた。
 各企業の自主的な賃上げに期待できないのなら、政策的に引き上げるしかない。