馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

菊花賞の感想。ユタカは知っている、馬群がばらけることを。

www.youtube.com

 武豊騎乗のワールドプレミアが優勝。
 ユタカさぁ、批判もいろいろあるけど、長年トップジョッキーだから、やっぱりうまいんだよ。今回の騎乗も、内を走って馬群のばらけたところを無理なく抜けている。そして、外を回って猛追してきた馬を振り切り、ゴールイン。
 2着に入ったサトノルークス。風車ムチっていうの? あのムチの打ち方かっこいいよね。
 よく考えると、大抵の3歳馬にとって菊の3000メートルは、初めて経験する長丁場。そのうえ、「ゆっくり上って、ゆっくり下らなければならない」といわれる、カーブで急坂の京都となると、最後の直線でばらけやすいんだな。

 
 ユーチューブ見てたら、関連動画でダンスインザダーク菊花賞も上がってたんで、改めてみる。「前が詰まっとるやないけ」という絶望的な位置取りで、杉本清さんの実況も、「割ってこれるんでしょうか 割ってこれるんでしょうか」と2回繰り返している。でもちゃんと差し切るんだよなぁ。(ダークは、ここで無理しすぎて故障した気もするが…。)