馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

ゆううつの立憲民主党

 枝野代表の言動は、どうも中途半端で腰の定まっていない感あるが、立憲民主党成立の経緯から言って仕方ないのかもしれない。

 徹底した反安倍で左翼勢力だったら、すでに共産党がいた。立憲民主党は、民進党消滅のエアポケットに「希望の党ほど右ではなく、共産党ほど左ではない政党」として誕生した。

 だから、「広く薄く票が集められる」というのが最大のアイデンティティーだったが、それにすら陰りが・・・。