馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

公明党についての覚え書き。

 鉄の団結力を誇った公明党も、近年では党勢が衰えてきている。
 まず、創価学会の新規信者が乏しいらしく、学会員が高齢化している。まぁ今の若者にとって、「よっしゃ、創価学会に入信したろ」という機会は少ないだろう。そして、近年の党の無定見ぶり。
 いくら学会員は公明党に入れるといっても、旧オウムのようなカルト宗教でもないんで、信者をマインドコントロールしたり裏切り者を抹殺する力はない。そりゃあ、心ある学会員だったら、「今の公明党はおかしい」って思うだろうな。
 あとそれから、意外に思われるかもしれないが、創価学会公明党も「政教分離」を意識していて、学会と公明党の人事交流等はない。今の山口那津男代表も、学会の幹部職を経験していない(薬師寺克行「公明党」)。しかしそれゆえに、学会と公明党の方針が分裂しているのではないか。

 関連記事

薬師寺克行「公明党」(中公新書) 感想 - 犬沼トラノオ日記

まだ遅くはない。今からでも、止められる。 - 犬沼トラノオ日記