馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

まだ遅くはない。今からでも、止められる。

togetter.com

 電気も軽減税率の対象になりません。ロウソクもならないので、明かりはどうすればいいんでしょうか。あたりが暗くなったら眠るという、昔の農民みたいな生活になりますね。ガスも対象になりません。水道もなりません。風呂や飲み水はどうすればいいんでしょうか? 自民・公明的には、公園の水で体を洗えばいいんですかね。衣服もなりません。クールビズを飛び越えて、裸族を奨励しているんですかね?
 真面目に考えても、衣類の軽減税率というのは、すごくやりにくい。生活のために最低限必要な下着やシャツから、ファッションを楽しむためとか、オシャレのための服までいろいろある。どうやって線引きするのか。このように、軽減税率は非効率な税制。
 前々から軽減税率批判をやっている私や、経済クラスタからしたら、「え、今更気づいたんですか?」と言いたくなるところだけど、まだ遅くはない。今からでも、止められる。
 明日4日に公示される参院選では、消費税10%への増税と軽減税率を公約にする自民党公明党に入れてはいけません。ちなみにそれ以外の政党は、すべて消費税増税の停止を訴えています。中には、消費税の廃止を掲げるれいわ新選組というニューカマーも。
 関連まとめ

togetter.com