馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

アーモンドアイの3着を考える。~安田記念の感想~

 安田記念。勝ったインディチャンプよりも、3着アーモンドアイの方がツイッタートレンドに残り続けた。まぁな、そっちが事件だからな。
 スタート直後にロジクライが斜行、鞍上の武豊騎手は騎乗停止処分に。(ユタカさん、過去にもメジロマックイーン天皇賞・秋とか、派手にやらかしたことがありましたね…。)
 不利を受けたアーモンドアイは、ジャパンカップドバイターフのようにスムーズに運べなかった。とはいえ、不利がすべてだろうか? アーモンドアイの前走は、ドバイの1800m。安田はそれから200m短くなっただけ、に見えるかもしれないけど、日本の芝は浅くてスピードが出やすい。対して、海外の競馬場は、芝が深くてスタミナがいる。つまり、1800から1600といっても、ガラリと条件が変わって瞬発力勝負になる。今年の安田はメンバーが充実していたし、馬場も悪かったし、桜花賞以来の短距離戦にしては、悪条件が重なった。

 上がりタイムはすごいので、「負けてなお強し」という評価が多い。ダンシングブレーヴみたいなものか(いつもたとえが古い)。
 人気馬2頭が不利を受けたり故障したり、概して悪夢のようなレースだった。勝った馬は悪くないけど…。