馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

プロの歴史家によるオススメ新書

www.iwanamishinsho80.com

 この「新書で歴史を読む」は、どの回もいいんだけれど、特に第4回は話が面白い。「この本がいい」というだけでなく、「これはつまらない」とか、ズバズバっと語っている。
 僭越ながら、「近年の新書は数もレーベルも増え続けていますが、内容も方向もちょっとパターン化・マンネリ化しているのではないかと危惧しています」というのは私も感じる。単純に、出しすぎてネタが無くなっているのかもしれない。