馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

野党が仕事するのを妨害する与党の政府。

www.asahi.com

”聴取票は、実習先から失踪して摘発された実習生から理由や置かれた状況などを個別に聞き取ったもの。野党議員に閲覧が許可されたが、複写は禁じられており、手分けして書き写したという。”

 これなぁ。
 ネット右翼から「野党は仕事しろ」「野党は税金泥棒」などといわれているが、「野党の調査で判明した」とあるように、ちゃんと仕事はしています。むしろ、政府がわざわざコピーを禁じて手書きさせてたり、野党が仕事するのを政府が妨害している。これは税金の無駄遣いといえるんでは?
 排外主義の右翼にとっちゃ、外国人がどう扱われてようがどうでもいいんだろうが、もしこれが国内の労働者のアンケート調査がゆがめられていた場合だったら? 裁量労働制のように、間違ったデータに基づいて間違った政策が推し進められたら?(裁量労働制のデータ間違いも、野党の指摘で判明したわけだが。)
 実のところ深刻だと分かっているからこそ、右翼は入管法改定とかふれない。

 関連

成立急ぐ入管法改正案、アベノミクスとの整合性に疑義:朝日新聞デジタル