馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

歴史雑談。過去をどう線引きするか。


inunohibi.hatenablog.com

 原爆Tシャツのような、日本人にも韓国人にとっても近い歴史の話なら、不謹慎とか物議をかもすとか、戦争責任あれこれの話になるんだが、これがもっと微妙な、近くでもないし遠すぎない歴史的アイコンだったらどうだろう。

 たとえば韓国国内では、いたるところに李舜臣銅像が建てられているらしい。おしなべて海に向けて建てられているのは、イースター島のモアイ像を思わせる。
それを見て日本人はいちいち「あ、反日だ」とは思わない。(暇なネット右翼は因縁をつけるかもしれない。)日本でいえば同時代の人物、武田信玄上杉謙信新潟県出身と山梨県出身が「侵略した、侵略された」の遺恨を持った議論にもなりようがない。

 しかし欧米のどこかで開かれたスポーツ大会で、李舜臣のプリントを「政治的アイコンだ」と着用しないように注意されたというニュースがあった。これに韓国の中央日報(日本語版)は、「それでは自由の女神像が許されているのはなぜか。旭日旗が許されているのはなぜか」と不満をあらわにした。

https://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=238443

 旭日旗の歴史はよく知らないからおいておくが、「李舜臣がダメで、自由の女神像がOK」というのは、確かにいかにも欧米人の文化的無知と偏見を示しているように見える。

 
 我々は歴史を考える時、「日本」とか「日本人」という単位で考えるわけだが、日本という国があっても、その範囲や由来は複雑で多様である。近代でいえば、まずアイヌ琉球の人がいるわけだし、さかのぼれば、東北の地は大和朝廷から「蝦夷」という野蛮人の住む土地とされ、その侵略に反発した族長・阿弖流為は、「日本人」ではなかった。
 さかのぼりすぎ? しかし中世時代に統一されたはずのスペインで、カタルーニャ地方はいまだにスペイン語と区別されるカタルーニャ語を話し、カタルーニャ人という意識を持ち、分離独立を決める住民投票とそれを認めない中央政府など、マドリードと対立している。
 どこまでが無邪気な話題やネタにしていい歴史なのか、線引きは難しいかもな、と思った。それはそれとして、南京事件を笑いものにして中国人の被害をオモチャにして金を稼ぐKAZUYAクンにだけは、原爆Tシャツを批判されたくないと思った。

 

 関連記事

https://japanese.joins.com/article/935/246935.html