馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

政治小話「世界でいちばん完璧な国」その2

 某国は、世界で一番完璧な国である。

 この国では表現の自由が完璧に保証されているので、もちろんヘイトスピーチ禁止法などは存在しない。ヘイトスピーチの自由は命懸けで守られている。本当に死人も出た。
 完璧な市民は、「いいや、それではまだ表現の自由が保障され切ってない」と、「脅迫状や殺害予告も言論で対抗すべき」だとして、おまわりさんに捕まらないことになった。
 言葉の暴力には、言葉で対抗する。完璧な言葉ならば、不完全な言葉に打ち克つだろう。こうして完璧な国の市民は、日々完璧であるための努力を重ねている。

 

 関連

政治小話「世界でいちばん完璧な国」 - 犬沼トラノオ日記