馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

政治小話「世界でいちばん完璧な国」

 某国は、世界で一番完璧な国である。

 この国では徹底的なコスト削減、完璧な効率化のため、隣か隣の隣にある「最低で最悪の国」に、年金記録の管理業務を委託している。
 この完璧な国では、どんなささいなミスも許されないため、ミスをしそうなことは「最低で最悪の国」にやらせるしかないのだ。

 一部の民衆は「最低で最悪の国」への委託にひどく不満を抱いているが、コスト削減は支持している。