馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

「100分de名著」 エーコ「薔薇の名前」第2回

 「異端は作られる」というのは、エーコより一世代前の現代思想アルチュセールフーコーでさんざん聞いたよ、って気もするのだが、それをミステリータッチの小説でやったところにエーコの新しさがあるんだろう。たぶん。
 「薔薇の名前」は14世紀のお話であるが、ヨーロッパで異端審問や魔女狩りが最も激しくなったのは、ルターの宗教改革以降で16世紀から17世紀のことらしい。安定期には何もしなくても安定しているものだが、それが揺らいでくると、番組内でも言われたように、やれ異端だなんだと締め付けが厳しくなるのだろう。

 前回

「100分de名著」 エーコ「薔薇の名前」第1回、私的解説。 - 犬沼トラノオ日記