馬と鹿と野と郎の日記

「世人は欺かれることを欲す」(ペトロニウス)

ヒロイズム


news.nicovideo.jp

 アメリカのように、銃器や刃物による私的武装が個人の権利として認められていて、なおかつ武器を使った訓練が普及している国なら、止めようがあるかもしれない。しかしここは日本。丸腰で、武器を使った経験もないのが当たり前。
 危険な通り魔相手には、逃げるしかない。市民の義務は警察に通報することだけ。警察に任せるしかない。・・・って、なんでそんな当たり前のことを、いちいち書かせるのか。

 池上彰氏の番組で、池上氏大推薦の「君たちはどう生きるか」が加藤清史郎君によってミニドラマ化されていたが、タイムラインを見てみると、ビビッて「いじめを壁になって止める」という約束を守れなかったコペル君を、「クズじゃねえかw」などと揶揄・批判するツイートが多くてびっくりした。いじめで悪いのは、100%いじめる側です。クズは腕っぷしの強い上級生まで呼んで、いじめた奴の方。
君たちはどう生きるか」はいい本だと思うけれど、あれを読んで若者が「いじめは体を張って止めなければ」とか、間違ったヒロイズムに感化されたりしないか…、心配ですね。