犬沼トラノオ日記

「・・・ところで、ご存じですかね、アルジェリアの総督の鼻の下には、瘤があるのを?」(ゴーゴリ「狂人日記」)

アニメ「ゴールデンカムイ」3話と、原作の展開ちょっとネタバレ。

 3話で作画はちょっと持ち直したが、やはり原作漫画の迫力には及ばない。この際作画が劣るのはしょうがないとしても、原作を色々とはしょっているので、演出的にも残念なことになっている。
 例えば、原作でこの回は、「第七師団の連中が追ってくる」という緊張感が最高なのだが、玉井伍長たちの初登場をカットして、双眼鏡で見つかるところから出てくるので、視聴者に対する「溜め」がない。
 それにしても、原作でもこのころ(個人的に、1巻から3巻の途中まで)はすごい面白かった。いくら杉元が「不死身」でも、1対多人数で勝ち目は薄く、毎度どうやって切り抜けるのか手に汗握らせたのがよかった。
 (ちょっとネタバレ →)今では仲間が増えたので、メンバー的に負けようがないという安心感・・・、もとい、読者の私にゆるんだ気持ちが生まれてしまう。