犬沼トラノオ日記

「・・・ところで、ご存じですかね、アルジェリアの総督の鼻の下には、瘤があるのを?」(ゴーゴリ「狂人日記」)

もし、初期段階で安倍内閣が「財務省、佐川、お前らの悪事はお見通しだ!」と摘発していたら。

 やっぱりブログ記事にしておこう。

織部ゆたか(iiduna_yutaka)さん による「財務省文書」書き換え前の記載についての解説 - Togetter

 わかってねぇな~。
 仮に、文書の書き換えがなされた初期の段階で、安倍内閣が「財務省、佐川、お前らの悪事はこの俺がお見通しだ!」と遠山の金さんや暴れん坊将軍のように摘発していたら、この問題は安倍政権擁護派が言うように、「財務省が悪い」だけで終わっていただろう。
 しかし真相が究明されなかった間に、何度も繰り返すが佐川氏は財務省理財局長から国税庁長官に出世していた。(安倍政権が「政治主導」「官邸主導」の改革として、官僚に対する内閣の権限を強化していたにもかかわらず、だ。)
 となると、麻生太郎財務相や安倍首相が全く知らなかった、というのは不自然だ。改ざんを直接指示したのが麻生氏や安倍氏でなくても、どこかの時点で安倍内閣が改ざんの事実を知っていたが、それを黙っていた(黙認した)という可能性が高い。
 「安倍政権がなぜ隠していたか」という理由・動機は、安倍政権擁護者の言動を見ればだいたい察しが付く。菊池雅志氏は、「フェイクニュースだ」「朝日のねつ造だ」と疑惑を報道した側を散々なじっていた。真相の公表を引き延ばしていれば、少なくとも安倍政権支持者は「フェイクニュースだった」と勝手に満足して、世間も忘れ去ってくれるだろう…、と思っていたかもしれない。
 某リフレ派ツイッタラーは、「森友疑惑が1年以上も続いて、決定的証拠がまだ出てないじゃないか。結局ないんだよ」と苦しい安倍政権擁護に夢中になっていた。まさにそういう「決定的証拠が出てこなければ安倍政権の勝ち」というのが、安倍政権の思惑だったかもしれない。擁護のために擁護しているトートロジーに気づいてないのだ。

 あとそれから、麻生財務相は「佐川、佐川」って呼び捨てにして、イヤ~な感じで財務省を悪者にして必死だけど、「逆効果」ってのもあるよね。これだけ安倍内閣が露骨に財務省の責任にしたら、少しも配慮するところを見せなかったら、財務省官僚の不満も募るだろうね。
 ネット右翼の中には「安倍政権をつぶすために、財務省が反乱を起こした」といった財務省陰謀論にはまっている奴もいるけど、この調子だと本当に財務省官僚が安倍政権をつぶすための策略を練っちゃうよ。麻生氏も安倍氏も演出がヘッタクソやねぇ。