犬沼トラノオ日記

「・・・ところで、ご存じですかね、アルジェリアの総督の鼻の下には、瘤があるのを?」(ゴーゴリ「狂人日記」)

天が与党に味方している。

 今日は雨から台風になってしまい、投票率も落ちるだろう。日本の企業は大雨警報くらいで休ませてくれないが、雨になると投票率は下がるらしい。雨が降っても槍が降っても、長時間労働その他を規制してくれる候補に1票入れれば、日本社会はもっと良くなるはずだけど・・・。
 投票率が落ちると、一般的に地盤の固い与党有利といわれる。その他、某巨大宗教団体S価学会の組織票があるK明党とか。

 それ以外にも、低い失業率とか、好景気とか、与党有利の材料はいっぱい。ネットで自民党は、「大学生の就職内定率」を実績として強調していた。保守派でなくても、こういった現状は自民党にコロッと行かせるだろう。
 前に民主党政権交代したときは、麻生内閣リーマンショックが直撃していた。またリーマンショック級の大不況がやってこないと、自民党は下野せんのかね。「不景気になれ」と願うわけにもいかず。