犬と沼の日記

おひまな読者へ・・・。

登場人物雑感、その2。

 杉元佐一

 重い過去を背負った主人公。・・・のはずなんだけど、アシリパに目玉や脳みそを勧められたときは、リアクション芸人になる。「ヤダカワイイ」とか、ときどきキャラが壊れる。アシリパたちとのふれあいで、豊かな感情を取り戻している・・・、のか? (作者が杉元で遊んでいるだけっぽい)

 アシリパ

 顔芸ヒロイン。しかし最近は、白石のほうがハジケているので、顔芸キャラの王座が脅かされている。

 土方歳三

 五稜郭の戦いで遺体が確認されることのなかった土方(平野耕太ドリフターズ」知識)は、「実は生きていた」という設定がやりやすいんだろう。土方は新選組の組織統率者であり、剣は強くなかったという説もあるが、私の知っている新選組の出てくる漫画・ドラマに、その設定はなし(詳しくないんで、あったら教えてください)。刃牙の全選手入場風に言うと、「特に理由はない! 土方歳三が強いのは当たり前!」ということだね。

 追加。表紙登場以外の人。

 インカラマッ

 これからも重要人物っぽいが、杉元にループしたので、表紙登場はもうないかもしれない。「傷のある男性にとても弱い」というのはちょっとわかるけど、杉元から鶴見中尉というのは守備範囲が広いねぇ。

 辺見和雄

 アニメ化したら、真っ先に自主規制されそうなやつ。家永と江渡貝も・・・。規制対象が多くて、アニメ化したら失敗しそう。(同じヤンジャンのキングダムも・・・ゴニョゴニョ)