犬と沼の日記

おひまな読者へ・・・。

狂気に呑まれない語り口。野田サトル「ゴールデンカムイ」10巻まで読んだ。

 巻が進むにつれ、出てくる変人・変態がますます激しくなる。江渡貝弥作はさすがに引いた。けど、この漫画のいいところは、狂気に走ってもちゃんと本筋のストーリーを進めるところ。

 ときどき物心両面でグロテスクな描写が話題になる作品はあるけど、それはたいてい奇抜さが目を引くだけで、ストーリーはあってないようなものだから、面白くない。

 ソースがニコニコ大百科程度だけど…、この前「なるたる」を書いていた時の鬼頭莫宏氏が、精神病だったらしいことを知った。あれはストーリーが破たんしていたから、「病気でした」といわれれば、さもありなんというところ。

 野田サトル氏の頭の中は、どうなっているんでしょうか。作者こそが、狂気と頭のキレを併せ持った鶴見中尉かな?

 戦争などで心に傷を負ったおじさんを、純真な少女が癒す・・・、といってしまえばベタな構図だけど、ヒロイン・アシリパのたくましさで、甘ったるい空気にならないのがいい。