犬と沼の日記

おひまな読者へ・・・。

野田サトル「ゴールデンカムイ」1巻を読む。

 時代は明治後期。かつてゴールドラッシュに沸いた北海道で、超絶やばい奴らもゴールドラッシュ!!

 野田サトルゴールデンカムイ」1巻を読む。ストーリーの面白さは前に書いたから、今度は絵について。思うに、絵がキレイでも、「軽く巨人を吹っ飛ばす」「棒立ちで敵を真っ二つにする」といった記号的表現に頼ってしまう人はいて、それじゃあ漫画は面白くないじゃない。
  絵のハードルが上がりまくった現在、野田サトル氏の絵は、うまいといえないかもしれない(特に少女アシリパのデッサンは雑なような・・・)。が、見せ方がいい。

 たとえば、尾形上等兵という男が、顔を表す対面シーン。(いつものことだが、スキャンする際に端が切れた。左端にもセリフがある。)

f:id:inunohibi:20170715201054j:plain

 腰を深く落とした、プロっぽいファイティングスタイルと、不気味な無表情。一目見て「こいつ、できるな・・・」と感じさせてくれます。

関連記事

https://togetter.com/li/1069960