犬と沼の日記

おひまな読者へ・・・。

角川(KADOKAWA)

togetter.com

 つねづね角川は、メディアミックスが当たっているだけで本も漫画も面白くないなぁ、と思っていたが、編集者が悪いのかねぇ。ジャンプの集英社でも編集者の悪評は多いが、あれはまだ作品をヒットさせる方向の冷酷さだった。
 相原コージ竹熊健太郎の傑作ギャグ漫画「サルまん」に、「才能ある漫画家は限りある資源です」という言葉があるけど、ダメな出版社は「代わりはいくらでもいるから、使いつぶしていい」と思ってるんだろうな。何しろ漫画家志望者の数だけは多い。